<< <普天間移設問題>鳩山首相、5月末決着を改めて強調 (毎日新聞) | main | 「認知症ケア」など介護関連で3資格創設―職業技能振興会(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


首相「私は愚か」発言 「米紙の揶揄、そのままいただいた」(産経新聞)

【鳩山ぶら下がり】(21日夜)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、自民党の谷垣禎一総裁との党首討論で「私は愚かな総理かもしれない」と発言した真意について「(米紙)ワシントン・ポストがそのように揶揄(やゆ)をされた。それをそのままいただいた」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【普天間問題】

 −−首相はきょうの党首討論で米海兵隊の抑止力は大きいから沖縄から遠いところに移設するのは適当でないと発言されたが、ではなぜ総選挙前に米軍普天間飛行場の移設先を最低でも県外、できれば国外と言ったのか。政権をとって、詳細を知った結果、抑止力に関する考えに変化はあったのか

 「あの、抑止力の重要さ、これは前から認識をしていました。むしろ正確に、政権の中に入ってさまざまな情報というものを理解していく中で、それが深化をしたと、そのようにとらえてください」

 −−首相はきのう、この場所で鹿児島県・徳之島の3町長に電話をした瀧野欣弥官房副長官の気持ちは、滝野副長官に聞いてほしいと言ったが、平野博文官房長官の指示で行ったことを瀧野さんの気持ちとなさるのはいかがなものか。うまくいった手柄は政治家がとり、失敗した責任は官僚がとる、それが鳩山政権の政治主導ということなのか

 「へっ。そういうわけではありません。この件に関しては平野官房長官が、あー、瀧野長官に、指示をしたというふうにうかがいました。したがって、あー、この件当然事務方のトップとして瀧野副長官にお願いをしているということもありますから、平野長官がそのことを返事をして、えー、徳之島で大集会を開かれましたからその状況というものを聞かれたと、聞こうとされたというふうに私は理解をしております」

 −−瀧野副長官の気持ちの問題ではないのでは

 「ですから平野官房長官です」

 −−首相は普天間飛行場移設問題についてここまでマスコミの注目を集めることに疑問をお持ちの様子だと拝見するが、きょうはすべての政策に職を賭すとしながらも、普天間問題の決着による進退の判断はかたくなに避けている。いまや首相自ら見直しを言い出した問題で約束を守るのかどうかということが国民が鳩山政権を信頼できるのかどうかの試金石となっているという意識は持っているか

 「はい。それだけにこの5月末までに何としてもこの問題、決着をさせたいと。その思いでございます。これ、私は、谷垣(禎一・自民党)総裁との党首討論でも申し上げました。もう、ある意味で愚直にですね、簡単に、それならば辺野古に決めようと、12月に決めようと思えば、それは日米関係はむしろ、その直後は良好だったかもしれない。しかし、愚直にそのことは私は望ましいとは思わなかったと。そして、新たな移設先というものを考えてきたということでございます。それだけに厳しい状況というのはよく存じておりますけれども沖縄の県民のみなさん方のご負担を何としても少しでも和らげたいと。その思いのもとで今努力をしていると。それに尽きることでございます」

【舛添新党】

 −−きょう自民党の舛添要一前厚生労働相が離党、新党結成に向けた動きを見せているということで話題を呼んでいる。新党結成の動きが各所で止まらない中、こうした動きが参院選に与える影響は

 「これは自民党さんも大変だなと。そのような思いはあります。しかし、こういうときだからこそ、参院選を考える前に今、いかにして国民のみなさんのためにしっかりとした政治を行うかという原点を見つめ直して努力をしてまいりたいと。その一言であります」

【愚かな総理発言】

 −−きょうの党首討論で、私は愚かな総理かもしれませんとおっしゃった。愚直に、という言葉もあったが、国民からすると普天間問題が混乱して不満、不安が募っている。この状態で愚かな総理という真意は

 「はい。この意味はですね、ワシントン・ポストがそのように揶揄をされたと。それをそのままいただいたわけであります。すなわち、愚直にですね、やはり沖縄の県民のみなさん方のご負担というものを何としても、少しでも和らげたいという思いがあった。それから本当の意味で、あの、(沖縄県名護市の)辺野古に決めたときに何も動かなくなってしまうことで、日米安保が守られるのかと。そのことの心配もあったと。むしろ愚直に、愚かかもしれないけども、その思いを守りたいと。沖縄県民のみなさんのために尽くしたいという思いから出てきた言葉であります。私はしかし、その愚直さを今こそ生かさなきゃならないときであると。簡単に考えればですね、ある意味で昨年の12月に決着を図ろうと思えば、それは楽だったかもしれない。どんなに負担が個人としては楽だったかもしれない。しかし、そのことで本当によいのかと。私は日米安保のためにも、むしろ愚かで愚直であるかもしれないけれども、県民のみなさんのことを思い、そして真の意味での日米安保のことを考えたときにはむしろ、この判断が将来正しかったということを言っていただけるときが来るんじゃないかと愚直にそのように考えています」

【関連記事】
「愚かな総理かもしれません」と首相 米紙の報道に
党首討論要旨 鳩山首相「私は愚かかもしれない」
「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
鳩山首相は「最大の敗者」「不運で愚か」とワシントン・ポスト紙が酷評

部下への指示、改めて否定=村木元局長、涙ぐむ場面も−郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)
若年パーキンソン、仕組み解明=小器官の「不良品」蓄積−都臨床研など(時事通信)
介護報酬不正請求で指定取り消し―青森の2事業所(医療介護CBニュース)
トヨタバッシングを斬る米国人動画が評判に(産経新聞)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 14:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
モバイル ホームページ
無料携帯ホームページ
カードでお金
クレジットカード現金化 還元率
自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    AtoZ (08/29)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    豚村 (06/12)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    にゃん子 (06/06)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    ジェームズ (05/14)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    粒あん (04/19)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    リンデル (01/16)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    道隆 (01/05)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    玉木よしひさ (12/31)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • <イクメン>厚労省が男性の育児参加プロジェクト(毎日新聞)
    モグモグ (12/17)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM